FC2ブログ

いまさら CR-X

NDロードスター、サイバーCR-X、JA11ジムニーの12輪生活。

ひさびさCR-X

160529-3
先日の対策でガタガタ音も消えたし、最近CR-Xでは全然遠乗りしてないので、
今日は思い切ってCR-Xで遠乗りをしました。

160529-1
ルートは、先週のND野反湖の前半をトレース→赤城山北面→足尾→日光に戻るというルート。
どうせ遠乗りするなら、色々と比較してしまおうという魂胆です。

で、いきなり結果。

CR-Xは、上り坂での前輪接地感がNDよりも良い感じで、ステアリングの重さもGood!
しかし、脚のヘタリ&ストローク不足(?)により、路面のうねりに追従できない場面もしばしば。
半月山からの帰り道で、ショック底付き2回もしたよ(汗)。
エンジンはお疲れ気味でも、回せばNDより速いな。
でも、ノーマルマフラーなので「フツー」の排気音しか奏でない。もうちょっと高音が欲しい。

NDは、上り坂でのステアリング感覚がやや希薄で、ちょっと怖い。
でも、ストロークたっぷりの脚で、跳ねることなくきっちり路面を捉えている。
エンジンも軽さではCR-Xを上回っている。
そして、ノーマルマフラーなのに、「フツー」じゃない排気音を奏でる♪のがイイ!

ということで、今後もCR-Xを楽しむためには、脚とマフラーの交換が必須!
ついでに、点火系もリフレッシュしたいなぁ。

スポンサーサイト



テーマ:ホンダ - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/05/29(日) 22:58:52|
  2. CR-X(EF8)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

剛性「感」を取り戻せ

160524-1
最近また、リヤハッチ付近から「ガタガタ」と音が出てきた。

こういう音が聞こえてくると、ボディ自体が緩んでいるみたいな「感じ」がして、
運転するのが嫌になってしまいません?

でも実は、ボディが緩んでいるのでは無く、
ハッチ側のゴムが痩せてハッチとボディが密着せず、その結果、ハッチがガタガタ揺れているだけだったりする。

そこで、矢印の位置(ハッチ側ゴムがボディに接する位置)に、スポンジ付きシールを何枚か重ねて貼ると…
160524-2

ガタガタ音が消え、ボディ剛性が復活した「感じ」がして、また運転するのが楽しくなる。
たった216円で運転の楽しさが復活する。

この「感じ」が大切なんだよね。

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/05/24(火) 22:24:42|
  2. CR-X(EF8)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

栃木・群馬ワインディング巡り

160522-8
新緑の金精峠を下る。

遅めに目覚めた土曜日は、9時に出発したものの、宇都宮市内で渋滞に巻き込まれる。
それでもいろは坂を駆け上り、中禅寺湖から半月山展望台を往復、そして金精峠へ。

160522-5
金精峠を越えてからも、先へ進む気持ちは消えず、利根沼田望郷ライン経由で、沼田から中之条、そして暮坂峠を越えて、

160522-1
結局、野反湖まで行ってしまいました。
この時点で17時。

このあとは、長野原からR406で須加尾峠を越えて、倉渕→前橋→R50で帰ってきました。

テーマ:ロードスター - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/05/22(日) 17:20:39|
  2. Roadster(ND5)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016GW 5・6日目

160512-1
北上線ディーゼルカー待ち中、F1.4レンズの威力。

5日目
弘前を出てR7を南下、R282坂梨峠を越え、小坂の町に入ると雨がシトシトと降りだす。
そこから鹿角を経て、初日に通れなかった八幡平アスピーテラインに進むも、けっこうな霧!

これは近いうちにリベンジするしかないでしょ!
160512-3

しかし、盛岡を東北道でパスし、北上からR107に入るころには天気が回復。
幌を開けて錦秋湖畔を進む。

途中、有名な赤い鉄橋で、北上線ディーゼルカーを流し撮ってみる。
160505-6

その後は横手に抜け、真室川→R47→鶴岡→R7復帰。

日本海に沈む夕日はキレイだったが、海は大荒れ。
160512-6

R345笹川流れに寄る手もあったけど、海水をかぶりたくなかったので、そのまま、R7を新潟まで走って投宿。

6日目
最終日は渋滞を避け、新潟→坂下→只見→田島→甲子峠→那須→黒羽→馬頭→自宅と、
淡々と、それでいて走って気持ちいい道を選択した。
160512-2

さーて、次はどこに行こうかな?

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/05/14(土) 08:39:58|
  2. 2016GW 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2016GW 3・4日目

160505-4
毎度おなじみ、発荷峠下の船着き場。

3日目
薄曇り(絶好のオープン日和ともいう)なので、ワインディング三昧の一日。
十和田湖周辺のワインディングを走り回った。
160506-4

見返峠と坂梨峠は特に気持ちイイ道だったなあ…
160507-1

この日は弘前駅前に宿泊。
夜は弘前城まで歩き、夜桜(80%葉桜)見物。
160512-5

4日目
龍飛岬を目指す。
日差しが強く暑いため、オープンにはせず。

途中、鰺ヶ沢のR101で、この旅初のNDとのすれ違い。
黒のNDオーナーさんと、互いに手を上げてあいさつを交わす。

龍泊ラインの展望台より魚眼レンズで。
160506-3

右下に龍飛崎、向こうに北海道(雪山)が見えた。
龍飛崎は海から吹き上げる風で、局地的に霧の中。
160506-2

このあと、龍飛崎に寄ってから弘前まで戻る。
この日の青森県は真夏日が記録される町もあるほど暑く、帰り道はエアコンを使い、のんびり戻りました。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/05/11(水) 21:21:10|
  2. 2016GW 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2016GW 1・2日目

160505-10
尻屋崎にて、海の向こうに大間崎を望む。

1日目
出発は4/30未明。
三本木SAで東北道を降りて、道路情報をチェックすると、
栗駒山周辺や八幡平は積雪のため通行止めとなっており、予定の変更を余儀なくされる。
と言う訳で、テキトーに良さげな道を選択し、写真を撮りつつ八戸まで下道を進んで投宿。

2日目
早朝、太平洋側から下北半島一周を開始。
まずは尻屋崎で、空と海に見惚れる。
160505-11

大畑では桜が満開。
160505-3

さらに、旧大畑駅では保存会?による、ディーゼルカー撮影会らしきものが。
160505-7

大間崎は、駐車場が無い&人が多く、路駐だらけで無法地帯だったためスルー。
少し進んだ所にある巨岩をバックに一枚。
160505-8b

大間からは、脇野沢→大湊→横浜→野辺地と進んで、陸奥湾越しに沈む夕日を。
160505-9

その後、八戸まで戻って連泊。
寄り道も含めて440 km、13時間と、かなりの長丁場でした。
下北一周をする方は、ナメてかからないように…

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/05/06(金) 18:42:02|
  2. 2016GW 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2016GW 東北の旅

160505-1
5泊6日で東北を旅してきました。

写真は尻屋崎。
青森には何度となく行っているのに、ここだけは未踏の地だったんです。

総走行距離は2725 km
総給油量は125.7 L
燃費は21.7 km/Lとなり、去年の北海道を上回りました。
スゲーよND。

詳細はのちほど。

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

  1. 2016/05/05(木) 18:32:03|
  2. 2016GW 東北
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

SR Limited

Author:SR Limited
月間+5000円くらい。

最新記事

カテゴリ

CR-X(EF8) (45)
2013夏 北海道 (3)
2014GW 東北 (1)
Roadster(NA8) (23)
2008秋 北海道 (5)
2012夏 北海道 (3)
2015GW 東北 (4)
Roadster(ND5) (104)
2015夏 北海道 (10)
2015SW 東北 (5)
2016GW 東北 (4)
2016夏 北海道 (11)
2017GW 山陰 (7)
2017夏 北海道 (6)
2018夏 北海道 (8)
2019GW 能登 (2)
2019秋 北海道 (2)
Jimny(JA11) (16)
2018GW 東北 (5)
その他 (11)

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する